矯正 | 症例 | 予防歯科/小児矯正・矯正歯科をお探しなら | 宇都宮市中岡本の長谷川みらい歯科

診療案内

小児矯正・矯正歯科

健康で美しい歯ならびへ

美しい歯ならびは、自信のもとです。
良く咬める歯ならびは、健康のもとです。

当院では美しく機能的で永く維持できるかみ合わせのための矯正歯科治療を提供しております。患者さまごとに最も適した治療法をご提案いたします。まずはご相談下さい。当院では、矯正無料相談を行っております。

健康で美しい歯ならびへ
歯科矯正とは
歯科矯正は歯並びを改善する治療です。
歯並びを改善する目的は見た目を美しくするだけでなく、かみ合わせの調整や発音の改善などのためにも行われます。

さらに、成長期のお子さまには、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。矯正治療とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療の一分野です。
歯科矯正とは

矯正の年齢による違い

0~4歳までの矯正
0~4歳まで
悪いくせを直し、きれいな歯ならびの準備をする時期です。
普段の生活習慣の中に歯並びを悪くする悪いくせが隠れていたりします。
特に食事が重要です。
当院では、現状を把握し、適切なアドバイスを行っております。
健康的で美しい歯並びを獲得する準備をしてみませんか?

矯正が必要な場合

叢生(そうせい)・乱ぐい歯・八重歯
顎に歯が並びきることができず、歯が歯列から飛び出してしまったり、重なり合っている状態のことです。
八重歯などもその症状の一つです。
上顎前突(じょうがくぜんとつ・出っ歯)
上顎が下顎よりも前方に出ている状態のことで、出っ歯とも言われます。
下顎前突(かがくぜんとつ・出っ歯)
下顎が上顎よりも前方に出ている状態のことで、受け口とも言われます。
開咬(オープンバイト)
前歯が噛み合わない状態のことを開咬(かいこう)といいます。
奥歯は噛んでいても、前歯付近は噛みあわず隙間が空いている状態です。

様々な治療法

表側の矯正
表側の矯正
表側の矯正は最も一般的で効果のある治療法です。
従来の金属製のブラケットのほかにもプラスチックやセラミックの透明なブラケットがあり、ほとんど目立ちません。
マウスピース矯正
マイオブレース矯正
マイオブレースと呼ばれるやわらかい装置を用いることで、悪いくせを直し、お子さんの歯ならびを育てる治療法です。
成長期の矯正 こどもの歯ならびがわるいと思ったら

成長期の矯正こどもの歯ならびがわるいと思ったら

あごの大きさや前後的な位置に対するアプローチができるのは成長期だけです。また、大人になってももちろんワイヤーや透明なマウスピースによる治療ができますが、わるい歯ならびはこどものむし歯や歯周病、顎関節症のリスクを高めてしまいます。したがって、こどもの歯ならびがわるいと思ったら放置せず適切な対処をすることで、小さな問題が将来大きな問題になることを防ぐことができるのです。

不正咬合は患者さまごとに多種多様です。

当院では、正しい咬合誘導を目標とし、各々の成長段階、歯の生え変わりに応じた装置をご提案いたします。
また、不正咬合の原因となるわるいくせに対し筋機能訓練を併用し効果的にアプローチします。

不正咬合は患者さまごとに多種多様です。

マイオブレース矯正

成長過程にあるこどもたちのお口まわりの悪いくせをなおし、顔や歯並びの正常な発育を促す治療です。
Myobrace(マイオブレース)というやわらかい装置を使い、上下の唇とべろの正しい位置を学習します。マイオブレースには多くの種類があり、患者様の顎の大きさ、不正咬合の種類によって使い分けています。

歯並びの悪さは遺伝でしょうか?

現代では遺伝の要素は少ないことが分かってきています。
多くの場合、子供たちの成長の過程でべろの使い方、お口の周りの筋肉の使い方を正しく習得していないことが原因です。たとえば、矯正用のワイヤーはとてもやわらかいのですが、歯は動いていきます。同じように、やわらかいほっぺやべろの筋肉の力でも歯は動くのです。
お口のまわりの悪いくせがあると、歯並びの正常な発育に悪い影響がおよびます。
いつもお口があいている、べろをかむ、べろがふだんお口の天井についていない、くちびるに力が入りすぎているなど思いあたることはありませんか?

本来のきれいな歯並びを手に入れ、
さらに長く維持するためには、
成長期のマイオブレースを用いた筋機能訓練が欠かせません。

筋機能訓練(医院で行う訓練はアクティビティーといいます)を通し、べろやほお、くちびるの筋肉の誤った使い方をやめ、正常な顎の発達と自然な歯並びを目指しましょう。
マイオブレースを用いた矯正治療は原因に対するアプローチにより歯並びを改善していきます。
そのため、治療後に後戻りがおこりません。
ワイヤー矯正のあとに必ず使うリテーナーが必要ないのです。

マイオブレース矯正 歯並びの悪さは遺伝でしょうか? 本来のきれいな歯並びを手に入れ、さらに長く維持するためには、成長期のマイオブレースを用いた筋機能訓練が欠かせません。
成人の矯正 めだたない白いワイヤーや透明なマウスピースを使って行います。

成人の矯正めだたない白いワイヤーや
透明なマウスピースを使って行います。

成人矯正で使う最新の材料は目立ちにくく、こわれにくい上に物性の向上から痛みが従来のものより軽減されています。患者さまごとに診断を行い、根拠に基づいた治療法をご提案いたします。

成人矯正の対象となる不正咬合にはさまざまな種類があります。

健康のもとである良く咬める歯ならびは、美しい笑顔にもつながります。
どのような治療ができるのか、ぜひご相談ください。

成人矯正の対象となる不正咬合にはさまざまな種類があります。

部分矯正(成人・小児)

部分矯正とは、歯並びの一部をほかの部分と調和するようにきれいに並べる治療です。
・前歯が左右でそろっていないのが気になる
・1本だけねじれている歯がある
・下の前歯のでこぼこが気になる
・すきまに倒れている歯がある
などがあてはまります。

補綴治療前の歯の移動

歯を失った部位に前後の歯が倒れこんでいる場合など、インプラントやブリッジによる補綴治療を行うために部分的に矯正装置を入れ、歯並びをそろえることがあります。
これにより、見た目の改善だけでなく歯を削る量を少なくすることができます。
また、望ましい形の補綴物が入ることから、歯の負担が小さくなり長持ちします。
このように、歯を動かすことにより、より精密で理想的な補綴治療が可能になるのです。

部分矯正 補綴治療前の歯の移動

症例

ただいま準備中です。

©Hasegawa Mirai Dental Clinic. All rights reserved.

ページの先頭へ戻る